上の空の上

上の空の上|第6話|大切な人を看取った記録|006

前のお話

上の空の上|第5話|大切な人を看取った記録|005

続きを見る

第6話

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足元を狂わされるほどの
猛烈な雨足

まるで軍隊の行進みたい
動きに一切の迷いがなく

入り込む隙がない

 

それはそれは
すごい大群で
途切れることなく
どこまで続く

そこに容赦なく

機嫌の悪い雷が街の隅々まで

爪痕を残す

 

理由はわからないけれど

とにかく空が怒っている

 

私何か怒らせるようなことしたかな

 

紫外線を嫌って

せっかく出てくれた太陽を

避けて歩いたこと

 

バチが当たったのかな

 

あぁ

傘が壊れそう

 

この一瞬

また次の一瞬

私を横切り

追い越して

しまいには置いていく

 

お願い

 

置いていかないで

 

次のお話(第7話)

上の空の上|第7話|大切な人を看取った記録|007

続きを見る

© 2021 鈴木みろ|miro suzuki