上の空の上

上の空の上|第7話|大切な人を看取った記録|007

前のお話

上の空の上|第6話|大切な人を看取った記録|006

続きを見る

第7話

uwanosoranoue007

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの日なぜか
疲れているのに
眠れなかった

あの日なぜか
深夜3時
私は起きていた

あの日なぜか
すぐに
タクシーが捕まって

あの日なぜか
道路工事がお休みで

あの日なぜか
信号は殆ど青だった

あの日なぜか
カーテンを過去最速で搔き分ける

 

あの日

何故か

 

 

カーテンを過去最速で搔き分ける

貴方の眉間に
見たこともないくらい深く
シワが刻まれている

不規則に悶える身体に合わせて
ベッドが軋む音がする

そこにいる全ての人間が
慌ただしく
行ったり来たりしている

ザワザワ
落ち着かず騒がしい

笑顔で出迎えたなら

ねぇ
いつもみたいに天気の話をしようよ

次のお話(第8話)

上の空の上|第8話|大切な人を看取った記録|008

続きを見る

© 2021 鈴木みろ|miro suzuki