上の空の上

上の空の上|第16話|大切な人を看取った記録|016

016

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

強制的に
日常を注ぎ込んでくる
社会や季節の
無神経な仕組みに傷つきながら

その無関心な距離感に
救われる

少しずつ
だけど確実に時間が過ぎていく

声も

少しずつ
色褪せてしまうんだろう

だから
頑張れという貴方の声が
貴方の声のまま
保存されている
今のうちに
強くなりたい

足を止めれば
悲しみが頭を支配して
戻れなくなりそうで
必死にしがみつく

そうして
部分的に
少しずつ違和感が減っていく

私は
貴方を第三者のようにして
新しい日常を組み立てていく

次第に当たり前になる
新しい光景
新しい世界

私は薄情者なんだろうか
もしかしたら
貴方は寂しがっているのだろうか

葛藤は一瞬で消えた

馬鹿にしないで
と笑う貴方が
私をまた導く

そうだ
貴方の愛はそんなもんじゃない
葛藤すること
それ自体が不本意だと怒っている

 

Copyright© 鈴木みろ|miro suzuki , 2020 All Rights Reserved.