ブログ|日々のメモ メモ

お風呂は給湯器とともに

あー

もう、出ようかな。

と思った時に

給湯器が浴槽の温度を保つために

もう一度、熱湯を注ぎ込んでくれる。

 

「分かりました。」

「私も、もう少し頑張りますね。」

 

と思い、もう少し頑張る。

 

給湯器と謎の連帯感を感じてしまう。

 

給湯器のせいではないけれど

いつものぼせて具合が悪くなる。

 

ベッドに裸のまま横になり

身体中の水滴をシーツに預ける。

 

最悪だ。

大人のやることじゃない。

 

と思いつつ、張り切っている給湯器に
横槍をいれて
スイッチをオフにすることが何故か出来ない。

 

先に自動を切っておけばいいことは分かっている。

 

でもなんだか寂しい。

 

一緒に入りたい。

こわっ

 

お風呂

 

おしまい。

Copyright© 鈴木みろ|miro suzuki , 2020 All Rights Reserved.