上の空の上

上の空の上|第12話|大切な人を看取った記録|012

上の空の上012

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

覚悟していたより
ずっと
柔らかな別れだった

無理矢理 引き離されたり
突然シャッターが閉まったり
私だけ登れない
巨大な壁が現れたりするのでは無く

ここから先は一人で行きなさいと
貴方が手を離した
そんな気がした

先生の話は聞かなかった

疑問を解消したところで
結果が変わるわけじゃない

何をどう説明されても
納得なんか出来るわけない
時間をかけて納得する以外
選択肢がない

そして
何より
貴方の身体に温もりが宿るこの最期の時に
貴方から離れるなんて出来ない

眠る貴方の背中に両腕を滑り込ませて
貴方の体重、匂い、それから体温を
私の身体に刷り込んでいく

とても眠たくなって
貴方に包まれて
このまま眠りたかったけれど

理不尽な
流れ作業が
押し寄せる

心が追いつかず
逃げ出したくなる

だけど
私にしか出来ないことや
私にしか分からないことの
全てに

貴方の
側に
私がいた証が
散りばめられている

 

 

Copyright© 鈴木みろ|miro suzuki , 2020 All Rights Reserved.